喜んで自転車をこぐ姉妹とぬるいビール

「料理人」のこと好きかな?嫌いかな?それぞれ感じ方があるかもしれないけど、あながち悪くないよね、「スープカレー」って。そう思ったりしない?

「料理人」のこと好きかな?嫌いかな?それぞれ感じ方があるかもしれないけど、あながち悪くないよね、「スープカレー」って。そう思ったりしない?

そよ風の吹く金曜の朝は熱燗を

2年前、体の状態が悪い上に、偏った食事と、眠りの具合が変だったので、吹き出物が増した。
このままではマズいと思って、生活習慣を意識し、体に役立つ事をしようと情報収集をした。
すると勧められたのが、アセロラジュースだ。
今でもほぼ毎日飲んでいる。
レモン以上にCがたくさん摂取できるとの事だ。
健康と美肌は何と言ってもフルーツからつくられるのかもしれない。

悲しそうに歌うあの人と公園の噴水
何でも一つの習い事でも習慣でも、長期で続けている人に拍手を贈りたい。
ダンスだったり、書道だったり、とても小さな習慣でも。
毎年一度、学生時代からのメンバーで、あの温泉旅館に連泊する!という習慣なども良いんじゃないかなと感じる。
習慣的に地道に続ければ、最終的にはプロまでたどり着くことができる。
思い返せば、幼いころにピアノと日本舞踊を教わっていたが、また学習したいな。
こう実感するのは、家のの角にお父さんに買ってもらったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、一生にもう一度学びたいと考えている。

控え目に走る友達と電子レンジ

関東で古くから賑わっている下町、隅田川に近い浅草。
中でも歴史のある寺が浅草寺だ。
ついこの頃、浅草寺へご参拝に行ってきた。
ごく稀に来た台東区の浅草詣で。
再度、自身できちんと確認し分かったことが、日本人じゃない旅行客が多いということ。
色んな国からツーリストが集中する浅草、少し前よりどう考えても多くなった。
それは世界一背の高い電波塔である、東京スカイツリーが建った関係もあることは間違いない。
近隣の国からは、羽田空港ハブ化に伴い便が良いという事で、そして、ヨーロッパ諸国や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じやってくるツーリストが多数かもしれない。
ともあれ、これから先も多くの外国人観光客が、やってくることを予想した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な浅草寺本堂が見えてきた。
この瓦屋根はさびにくい性質を持つチタンを使用し、改修工事を行ったそう。
浅草寺の秘仏の観音様に日頃の感謝と旅の無事を祈り願った
頑張りがこの先表れるといいなと。

月が見える木曜の午後はお酒を
小さな時から、物語は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、親が買ってくる本や図書館にある本を読んでいました。
真剣に自分の意志で進めるようになったのは、高校3年生の時。
授業で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
物語は、付き合ったいる人を失った主人公さつきの、高校時代の回想からの幕開けです。
恋人と死別してしまう経験なんてその当時も今も、ないです。
しかし、高校生の私には主人公のやるせない気持ちが乗り移ってきました。
初の感情でした。
主役と、その時の私の年が近かった事、それも原因だと思います。
読んだ帰りに、それを購入したのが文庫本を購入した初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の本ですが、永遠に色あせない素晴らしい作品だといわれています。

陽気に話す彼女とわたし

アパレル屋さんってなりたくないなど思うのは自分だけだろうか。
毎日、職業柄しっかり着飾らないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、会社で仕事する時はスーツを着ればOKだし、化粧だってシンプルでOKとされる。
お出かけの時は、自分でお気に入りの格好をすればいいし、在宅で何かをするときはTシャツにジーンズで問題ない。
このことから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、向いていない。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきてファッションポイントやコーディネイトを語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに緊張してしまい、買わないで逃げ出してしまう。
これも、店員さんって大変と思う大きい理由の一つだ。

息絶え絶えで跳ねる彼女とわたし
このライカの一眼レフは、昨日、海辺で拾った物だ。
その日は、7月の中盤で、終わりで、当然暑かった。
ミュージアムの前で、彼女と気まずくなって、しばらく会いたくないと告げられてしまった。
そこで深夜、アパートからこの海岸まで歩いてやってきて、海沿いを歩いていた。
その時、少し砂に埋もれたこの一眼に出会うことができたのだ。
持ち帰って、興味を持ってさまざまな様子を何枚か撮ってみた。
この所有者より、良い線で撮れるかもしれないと思った。
彼女の素敵な笑顔撮りたいなー、とか、思った以上にピント調節ってめんどくさいなー、とか独り言を言っていた。
明日、どうにかして会えたら、恋人に僕が悪かったと謝るつもりだ。
そして、この一眼、警察に届けよう。

気どりながら口笛を吹く彼女と冷たい雨

ベローチェでも個人経営の喫茶店でもどこに入っても香り高いコーヒーを飲むことができる。
もちろん、部屋でインスタントでも手軽だし、どこかで缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スターバックスだ。
共通して禁煙と言うのは、煙草の煙が苦手な私にはポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いをより堪能できる。
値段もそこそこだが、立派な豆が使われているのでグルメにはたまらないだろう。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと、つられてデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

薄暗い週末の夕暮れに料理を
子供の4歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何にしようかを悩んでいる。
妻と話して、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か着るものなどにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実物を見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがない。
だけど、子供に見せてみたら、簡単に決めることができた。
すべり台に一生懸命だったから、それに決めた。
ただ、今住んでいる家が小さいので、小さくて折りたたみ可能なものに決めた。
値段もなかなかリーズナブルだったので、よかった。

どんよりした休日の朝に焼酎を

友人とお昼時に待ち合わせをしていた。
天神の駅の恒例の巨大なエスカレーターの下。
早めについて待っていると、30分くらい遅れると連絡がきた。
大きいテレビの前はみんなの集合地点なので、待ち人も次第にどこかへいってしまう。
mp3でミュージックを聴きながら、人の流れを見ていた。
それでもすることがないので近くのPRONTに入り、オレンジジュースを飲んでいた。
それから、同級生が遅くなってごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタにしようとの事。
色々探してみたけれど、入りたい店を探せなかった。

笑顔で話す家族とあられ雲
高校生の頃よりNHK教育テレビを見ることがめっちゃ多くなった。
昔は、父親や祖父母が見ていたら、NHK以外の映像が見たいのにと思っていたが、最近は、NHKを見てしまう。
年配向け以外の番組がとても少ないと思っていたのだけれど、最近は、年配向け以外のものも増えたと思う。
それと、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
それに加え、攻撃的でないもの番組や娘に悪い影響がめちゃめちゃ少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンですらすごく攻撃的のように見える。
毎回ぼこぼこにして解決だから、子供も私を殴るようになってしまった。


ページの先頭へ